サンルート新宿における「BEBOT」活用例

導入に至った経緯

人材不足も影響し、増加する訪日客に対し、適切なサービスが提供できていなかった。

課題

・人材不足による多言語対応
・飲食店予約対応による フロントスタッフの業務負担

打ち手

・宿泊客や見込み客からの質問に対し、AIで24時間場所を問わず自動応答 ・24時間有人チャットサポート(英語)で飲食店予約も対応
・各種APIを連携することで、施設内だけでなく近隣の観光情報も提供
・会話型アンケートを実装し、宿泊客の声を収集
・分析ツール(QuickSight)で利用者からの問い合わせをリアルタイムで分析可能に
・直予約を増加させるための動線をチャット内で用意
・チャット内で満足度が高かった宿泊客へはクチコミ投稿依頼を実施

効果

・フロントで代行していた飲食店予約をチャットで巻き取ることに成功。フロントの予約 代行工数が大幅に削減
・24時間多言語対応が可能となったことから満足度が向上し、クチコミ投稿を増やす ことができた
・チャット履歴の分析用ダッシュボードの提供により、今まで可視化されていなかった 宿泊客のニーズにアクセスが可能となった
・利用率: 52.5%

・平均チャット時間: 3.14分

AI solutions for real-time customer engagement and measurement