スターアライアンスにおける「BEBOT」活用例

導入に至った経緯

コロナウィルスの感染拡大中、刻々と変わる情報の多言語での提供に苦戦。特にウェブサイトの更新が追いつかず。

課題

・頻度高く変わる情報のリアルタイムでの提供
・出勤制限により多言語でのサイト更新が間に合わない

打ち手

・メンバーや空港関係者からの質問に対し、 AIで自動応答
・24時間有人チャットサポート(英語)でイレギュラー対応
・スターアライアンス社との API連携により、世界 1,300の空港やエアラインに関する最 新の渡航制限や渡航可能なルートの案内
・分析ツール (QuickSight)でメンバーからの問い合わせをリアルタイムで分析可能に

効果

・ウェブサイトを更新しなくても、チャットボット経由で流動的な情報を精度高くリアルタ イムで案内することが可能に
・チャット履歴の分析用ダッシュボードの提供により、今まで可視化されていなかった 利用者の不安やニーズにアクセス可能となった
・精度: 86.55%
・利用率: 85.93%
・平均チャット時間: 2.23分

AI solutions for real-time customer engagement and measurement