ニセコにおける「BEBOT」活用例

導入に至った経緯

スキー客に必要とされるリアルタイムの情報(リフト、天気)をスムーズに提供できるツールがなかった。

課題

  • 多言語での情報の集約
  • タイムリーな情報提供による三密回避・混雑緩和
  • 来訪者の利便性・満足度向上

打ち手

  • 天気・リフト情報のAPI連携によるリアルタイムの情報提供
  • 分析ツール(QuickSight)で、チャット履歴の傾向分析を随時可能に
  • 24時間スマホで多言語対応(英語・日本語)※21年7月には中国語を追加予定
  • Google Mapsの連携による、リアルタイムのルート案内

効果

  • 雪質を含む最新の天気情報の提供により、スキーを目的した来訪者の満足度向上
  • 地元事業者(宿泊施設や飲食店)への送客
  • タイムリーなリフト運行情報の提供を実現することで混雑を回避
  • 送信者率: 52.63%
  • 利用回数: 23,24

AI solutions for real-time customer engagement and measurement