株式会社ビースポークは「第2回 自治体DX展」に出展、自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」をご紹介します!

自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」を手掛ける株式会社ビースポーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美)は、2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回 自治体DX展」に自社ブース出展します。

毎年発生する大型の台風や世界的な疫病の大流行。刻々と変わる状況に関する正確な情報をリアルタイムで提供するために、ビースポークでは世界中で活躍するAIの技術者を採用。2015年から独自のAI技術を開発しています。

「安心・安全」を届けるためのAIとして、ホスピタリティの領域からスタートした「Bebot」は、2019年以降は観光以外の行政領域にも拡大し、チャットボットを活用したオンライン市役所、制度案内、危機管理のためのツールとして導入されるなど、国内外で活躍の幅が広がっています。

最近では、国が支援するスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に選定されたほか、代表の綱川が政府のデジタル臨時行政調査会に有識者委員として参加するなど、国や自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進に取り組んでいます。

今回の展示ではブース内にQRコードを用意し、実際の機能をデモ体験いただけるほか、ブース内で代表の綱川によるミニセミナーを予定しています。

詳細はこちら https://www.event-week.jp/ja-jp/search/2022/directory/directory-details.org-55bdc0db-fe13-40f9-a414-463486d945cc.html#/

■第2回 自治体DX展 概要

会期:2022年6月29日(水)~7月1日(金)

開催時間:10時〜18時

会場・出展ブース:東京ビッグサイト 東6ホール(小間番号24–35)

■株式会社ビースポークについて

世界15カ国からトップクラスの開発者を採用し、独自開発した人工知能(自然言語処理)を搭載したチャットボット「BEBOT」を国内外で展開中。BEBOTは自治体および一般企業の「DXソリューション」として(1)疫病・災害を含む緊急時の多言語対応の自動化(2)窓口対応の自動化に特化したチャットボットです。24時間稼働の「接客窓口」「課題解決係」として国内外の自治体・政府機関・国際空港などで使われており、台風・地震などの災害を含む緊急時に発生する外国語の質問やリクエストに対しても、リアルタイムで多言語対応を行なっています。

■「BEBOT」導入実績

JNTO(日本政府観光局)、成田国際空港、JR東日本、東京メトロ、富士急行、仙台国際空港、

スターアライアンス(ドイツ本社)、タンパ国際空港(フロリダ)、ウィーン国際空港、三重県、富山市、南砺市、竹富町、阿蘇市、阿波銀行、ホテルニューオータニ、東京ステーションホテル、ほか多数

■会社概要

会社名 : 株式会社ビースポーク

代表者 : 代表取締役 綱川 明美

所在地 : 東京都渋谷区渋谷2−21−1 渋谷ヒカリエ8F

設立 : 2015年10月

事業内容: DXソリューション「BEBOT」の開発・運用

URL : https://www.be-spoke.io/jp/

■本プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ビースポーク

担当:Asako Yamada

TEL:090–4410–6803

E-Mail:asako@be-spoke.io

--

--

AI solutions for real-time customer engagement and measurement

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store