Bespoke Inc.

ポジション:公共政策部門

Bespoke歴:2022年4月から

社会人としてのキャリアのほぼすべてを地方公務員として全うされたのち、心機一転、ITベンチャーへ身を投じることになった高川佳都夫さん。全くの異業種から、しかも定年退職後の転職という、いわく “世にも不思議な” 転職物語。その成功の秘訣について伺いました。

大学をご卒業されてからずっと、自治体職に従事されていたと伺いました。具体的にはどんなお仕事だったのですか?

41年と聞くと長い年月ですが、内部ではだいたい3年おきに部署移動があるんです。民間企業でいえば転職と同じです。教育、財政、企画、広報、市民協働、子育て支援など、さまざまですね。

業務はそれぞれまったく違うものですから、その都度ゼロから仕事を覚える状況でした。自分にとっては初めての部署でも、市民のみなさんには関係ありませんから、ポーカーフェイスで応答しながら裏で部下に聞いたりして仕事をおぼえていました。1年くらい経つとだいたい自分の考えを政策に活かせるようになってくるんです。

とくに思い出深い部署などはありますか?

キャリアの長さでいうと、11年所属した財政担当です。国でいう財務省。予算を組んだり、決算をまとめる仕事です。市役所の中でも重要な部署で、仕事もかなり大変でしたが、財政、予算の面、決算の面で、市役所の内部のあらゆる部局の仕事を知ることができたので、非常に勉強になりました。

自身の成長面でいうと、財政のあとに担当した市民協働です。市役所の中でもまちづくりの要になる部署で、その街のまちづくりに関する基本的な理念をまとめて、自治基本条例を策定しました。近隣の市町の協働担当のみなさんとも勉強会を通じて情報共有し、街づくりを勉強させていただきました。

--

--

導入に至った経緯

大小16の島からなる沖縄県竹富町では、役場への来庁には船舶での移動が欠かせず、町民が新型コロナウイルスに感染するリスクがあった。

課題

非接触・非対面による遠隔型の行政窓口サービス提供

打ち手

・町民からの問合せが多い6分野(生活環境、教育、医療・福祉、交通案内、防災、観光)に対応した総合案内窓口チャットボットの導入
・町民以外(観光客、 …

--

--

自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」を手掛ける株式会社ビースポーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美)は、2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回 自治体DX展」に自社ブース出展します。 毎年発生する大型の台風や世界的な疫病の大流行。刻々と変わる状況に関する正確な情報をリアルタイムで提供するために、ビースポークでは世界中で活躍するAIの技術者を採用。2015年から独自のAI技術を開発しています。 「安心・安全」を届けるためのAIとして、ホスピタリティの領域からスタートした「Bebot」は、2019年以降は観光以外の行政領域にも拡大し、チャットボットを活用したオンライン市役所、制度案内、危機管理のためのツールとして導入されるなど、国内外で活躍の幅が広がっています。 最近では、国が支援するスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に選定されたほか、代表の綱川が政府のデジタル臨時行政調査会に有識者委員として参加するなど、国や自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進に取り組んでいます。

株式会社ビースポークは「第2回 自治体DX展」に出展、自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」をご紹介します!
株式会社ビースポークは「第2回 自治体DX展」に出展、自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」をご紹介します!

自治体・交通機関への導入事例を多数持つ、AIチャットボット「Bebot」を手掛ける株式会社ビースポーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美)は、2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回 自治体DX展」に自社ブース出展します。

毎年発生する大型の台風や世界的な疫病の大流行。刻々と変わる状況に関する正確な情報をリアルタイムで提供するために、ビースポークでは世界中で活躍するAIの技術者を採用。2015年から独自のAI技術を開発しています。

「安心・安全」を届けるためのAIとして、ホスピタリティの領域からスタートした「Bebot」は、2019年以降は観光以外の行政領域にも拡大し、チャットボットを活用したオンライン市役所、制度案内、危機管理のためのツールとして導入されるなど、国内外で活躍の幅が広がっています。

最近では、国が支援するスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に選定されたほか、代表の綱川が政府のデジタル臨時行政調査会に有識者委員として参加するなど、国や自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進に取り組んでいます。

今回の展示ではブース内にQRコードを用意し、実際の機能をデモ体験いただけるほか、ブース内で代表の綱川によるミニセミナーを予定しています。

詳細はこちら https://www.event-week.jp/ja-jp/search/2022/directory/directory-details.org-55bdc0db-fe13-40f9-a414-463486d945cc.html#/

■第2回 自治体DX展 概要

会期:2022年6月29日(水)~7月1日(金)

開催時間:10時〜18時

会場・出展ブース:東京ビッグサイト 東6ホール(小間番号24–35)

■株式会社ビースポークについて

世界15カ国からトップクラスの開発者を採用し、独自開発した人工知能(自然言語処理)を搭載したチャットボット「BEBOT」を国内外で展開中。BEBOTは自治体および一般企業の「DXソリューション」として(1)疫病・災害を含む緊急時の多言語対応の自動化(2)窓口対応の自動化に特化したチャットボットです。24時間稼働の「接客窓口」「課題解決係」として国内外の自治体・政府機関・国際空港などで使われており、台風・地震などの災害を含む緊急時に発生する外国語の質問やリクエストに対しても、リアルタイムで多言語対応を行なっています。

■「BEBOT」導入実績

JNTO(日本政府観光局)、成田国際空港、JR東日本、東京メトロ、富士急行、仙台国際空港、

スターアライアンス(ドイツ本社)、タンパ国際空港(フロリダ)、ウィーン国際空港、三重県、富山市、南砺市、竹富町、阿蘇市、阿波銀行、ホテルニューオータニ、東京ステーションホテル、ほか多数

■会社概要

会社名 : 株式会社ビースポーク

代表者 : 代表取締役 綱川 明美

所在地 : 東京都渋谷区渋谷2−21−1 渋谷ヒカリエ8F

設立 : 2015年10月

事業内容: DXソリューション「BEBOT」の開発・運用

URL : https://www.be-spoke.io/jp/

■本プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ビースポーク

担当:Asako Yamada

TEL:090–4410–6803

E-Mail:asako@be-spoke.io

--

--

ポジション:公共政策部門長 Bespoke歴:2021年4月から シンクタンクの研究員として、観光振興の調査研究などをされていた島田龍(しまだりゅう)さん。前職での知見やネットワークを活かし、現在はBespokeで公共政策部門長として従事するかたわら、週に一度、大学で教鞭もふるっているそうです。研究員から営業職への転身、そして副業もこなしながら家族との時間も楽しんでいる日々について伺いました。 Bespokeにジョインするきっかけはなんだったのですか? 代表の綱川から「うちの会社にきませんか?」と誘われたのがきっかけです。おもしろそうだったので行ってみようかなと思って、昨年の4月に移りました。 Bespokeを知ったのは、前職(シンクタンク)で、国主催の訪日外国人に関するシンポジウムに参加したときです。私が基調講演をし、そのあとのパネルディスカッションに綱川が登壇しました。開催後の懇親会で綱川と話をしたときにBebotのことを教えてもらったんです。チャットボットといえば「聞かれたことにも満足に答えられない使えないサービス」ぐらいの認識だったのですが、Bebotが訪日旅行者の方々の「旅の相棒」のように使われていることを聞いたとき、地方にインバウンドを呼び込むためのツールとしての可能性を感じたのです。

ベンチャーでも自分の時間は大切にできる!研究員から営業職に転身した島田龍さんにインタビュー
ベンチャーでも自分の時間は大切にできる!研究員から営業職に転身した島田龍さんにインタビュー

ポジション:公共政策部門長

Bespoke歴:2021年4月から

シンクタンクの研究員として、観光振興の調査研究などをされていた島田龍(しまだりゅう)さん。前職での知見やネットワークを活かし、現在はBespokeで公共政策部門長として従事するかたわら、週に一度、大学で教鞭もふるっているそうです。研究員から営業職への転身、そして副業もこなしながら家族との時間も楽しんでいる日々について伺いました。

Bespokeにジョインするきっかけはなんだったのですか?

代表の綱川から「うちの会社にきませんか?」と誘われたのがきっかけです。おもしろそうだったので行ってみようかなと思って、昨年の4月に移りました。

Bespokeを知ったのは、前職(シンクタンク)で、国主催の訪日外国人に関するシンポジウムに参加したときです。私が基調講演をし、そのあとのパネルディスカッションに綱川が登壇しました。開催後の懇親会で綱川と話をしたときにBebotのことを教えてもらったんです。チャットボットといえば「聞かれたことにも満足に答えられない使えないサービス」ぐらいの認識だったのですが、Bebotが訪日旅行者の方々の「旅の相棒」のように使われていることを聞いたとき、地方にインバウンドを呼び込むためのツールとしての可能性を感じたのです。

その後、仲の良い自治体や企業に「こういうチャットボットがあるみたい」と紹介したり、チャットボット開発も含む国の事業の公募に、Bespokeと共同提案したりしていたんです。そういったことで、自治体とのつながりや企画書の作成力を知ってもらえたのかなと思います。

Bespokeにおける公共政策部門とはどんなお仕事なのですか?

現在、Bespokeのメインのお客さまは自治体なので、まず自治体向けに企画提案・営業していくために、公共政策部門という名前で動いています。ゆくゆくは民間企業向けのセールスチームも別にあった方がよいと思っていますが、今は私のチームで両方対応しています。新規のお客さんを獲得するのが、チームの仕事になります。

自治体職員の皆さんにBebotの布教活動(笑)をやってます。ご要望あれば全国どこでも駆け付けます!

前職は研究職で今は営業職。その変化についてはどうですか?

営業は未経験でしたが、なんとかやっていけています。その大きな要因は、シンクタンクの研究員時代から、自治体向けにお仕事をしていたことだと思います。例えば、自治体に対して「こういう調査研究をしませんか」という企画提案書をつくったり、クライアントである行政職員さんと調査の進め方やまとめ方について交渉したりという感じです。バリバリの営業マン!というキャリアでは全然ないですし、表向きは全然違いますが、自治体向けに営業や企画提案をしている今のBespokeには、前職で培ったスキルや経験が活きているなと思っています。

民間企業向けの営業と違いは、どんなところなのでしょう。

いわゆる民間向けの営業だと年中無休、いつでも営業できるのかもしれないですが、自治体の場合は予算が出てくるタイミングが決まっています。予算がどうにもならない時期に一生懸命セールストークをしても「今言われても困ります」となってしまいます。自治体は民間と比べて、仕込んでおくのに時間がかかるのが一般的です。そういう勘所は大事なのかなと思いますね。

それでいうとちょうど今(6月)は、企画書を書くのがとても大変な時期ですね。なぜかというと、今年度(令和4年度)の予算が決まって、それに基づいて事業がどんどんスタートするタイミングだからです。あちこちで「チャットボット開発事業をやります。やりたい人、手挙げてください。」と公募がはじまります。それに対して、提案をして企画書を書いてプレゼンをして受注するという流れになります。なので、タイミング的に今まさに企画提案書をたくさん書いている最中です。

ここ数年の新規獲得率がものすごいことになっている、と伺いましたがどのように獲得してるのですか?

自分たちで取りに行く場合と、自治体側からご相談いただく場合と両方ありますね。昨年9月にデジタル庁ができ、国としても自治体のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進しています。どこの自治体もデジタル化への取り組みは大きな課題になっているようで、地方の市町村でもデジタル戦略を策定したり、デジタル推進課という課を立ち上げたりといった動きがあります。

そんななか、昨年10月に、沖縄県の竹富町という人口4,000人くらいの小さな町で総合窓口としての役割を持たせたチャットボットをリリースさせていただきました。そういった実績をもとに、東京近郊ばかりでなく、地方の自治体からも相談いただいたりしています。

ありがたいことに、口コミもあります。ある自治体で導入いただいたチャットボットが上手くいったので、市長さんが「けっこういいよ」と話をしてくださって、また別の自治体と繋げてくださることもあります。どちらかというと先方からご連絡をいただいたり、どなたかにご紹介いただくほうが導入の確度は高いですね。

--

--

(Check here for the English Version!) ポジション:デリバリーマネージャー(公共政策部門の納品担当) Bespoke歴:2022年2月1日から 県庁の職員として、福祉や土木建設、産業支援などに携わっていた吉住さん。地域に貢献したいという思いをもって、これまで未経験だったITの分野、Bespokeへ転職されました。その心理と、キャリアを活かした現在のお仕事について伺います。 ではさっそく、未経験のIT分野へ転職しよう!と思ったきっかけについて教えてください。 自治体から外部に出向しているときにBespokeを知りました。Bespokeはベンチャー企業で、事業はITやAIの分野ですが、フィールドとしては、地域社会や自治体です。私はデジタル系の分野は未経験でしたが、地域への貢献は行政や公務員だけではなく、こういう手段もあると思ったのがきっかけです。 最近は、自治体DXやデジタル田園都市国家構想など、全国的にIT化の動きが進んでいて、すごく大事な部分だというのは自治体にいても感じていました。それで、自身のキャリアや、自治体の中でできること・できないことをいろいろ整理してみて、新たにチャレンジしなければならないと思ったんです。

元県庁職員というバックグラウンドを活かして自治体DXを促進、デリバリーマネージャー吉住尚哉さんにインタビュー
元県庁職員というバックグラウンドを活かして自治体DXを促進、デリバリーマネージャー吉住尚哉さんにインタビュー

(Check here for the English Version!)

ポジション:デリバリーマネージャー(公共政策部門の納品担当)

Bespoke歴:2022年2月1日から

県庁の職員として、福祉や土木建設、産業支援などに携わっていた吉住さん。地域に貢献したいという思いをもって、これまで未経験だったITの分野、Bespokeへ転職されました。その心理と、キャリアを活かした現在のお仕事について伺います。

ではさっそく、未経験のIT分野へ転職しよう!と思ったきっかけについて教えてください。

自治体から外部に出向しているときにBespokeを知りました。Bespokeはベンチャー企業で、事業はITやAIの分野ですが、フィールドとしては、地域社会や自治体です。私はデジタル系の分野は未経験でしたが、地域への貢献は行政や公務員だけではなく、こういう手段もあると思ったのがきっかけです。

最近は、自治体DXやデジタル田園都市国家構想など、全国的にIT化の動きが進んでいて、すごく大事な部分だというのは自治体にいても感じていました。それで、自身のキャリアや、自治体の中でできること・できないことをいろいろ整理してみて、新たにチャレンジしなければならないと思ったんです。

数あるIT企業の中でBespokeを選んだのはなぜですか?

Bespokeはグローバルかつ、ローカルで、伸びしろがすごくあると思ったためです。特定の地域にこだわることなく、どこにいても、誰に対してもサービスを提供でき、住民や市民の方が恩恵を受けられる。地域の課題解決にこそ、ITは親和性が高いと思います。同時に、自治体の中のことや地域のことを一番ご存知なのは地元の人たちであり、うまく連携することで、価値を提供できる部分があると思っています。Bespokeの製品(AIチャットボット)は、地域の魅力を引き出して、住民や旅行者に伝えるうってつけのツールだと感じたことも入社のきっかけでした。

前職での経験が活きてきそうですね。

そうですね。最初はBespokeでやっていけるか不安でしたが、自治体職員出身というメリットも絶対にあるなと思っています。各自治体の皆さんと、これからのデジタル化の方針を議論することもありますが、行政での経験や思いもお伝えすると、自治体の皆さんもすごく安心して、共感してくださいます。エンジニアの方は、自治体のことは全然分からないと思うので、そういった点でも貢献していけたらいいなと思っています。

加えてチャットボットには、住民の方・旅行者などに、どういうニーズがあるか、傾向やトレンドがデータとして蓄積されるので、自治体の皆さんが何となく感覚的に思い描いていた部分も、ファクトを用いて説明することができています。

--

--

ポジション:カスタマーソリューション Bespoke歴:2022年3月1日から 電力データの分析プラットフォームを手がける会社や、ニュースアプリを制作する会社など、これまでもスタートアップでエンジニアとしてのキャリアを積んだ横山裕季さん。できるだけ理想のシステムを設計するため、「どんなシステムが欲しいのか」の前に、「何に困っていて、どうできたら嬉しいか」という本質的なところからヒアリングし、システム開発をされてきたのだそうです。 まずはBespokeにジョインしたきっかけから教えてください。 高校時代の友人に「ちょっとおもしろい人がいるんだけど、話してみない?」といわれたのがきっかけです。その時、私はどこの会社にも所属しておらず、自分でサービスをやっていきたいと思ってたんですね。でも、なかなか形にはできなくて、生活のために業務委託の案件を探していました。そんな折、友人から代表の綱川さんを紹介されました。最初は業務委託で携わろうと思っていたものの、「もし正社員での就職も考えているなら、うちはどうですか?」と提案され、すぐに正社員の話に切り替わりました。

クライアントの「困った」に寄り添うエンジニアから転身、カスタマーソリューションとして要件実現に尽力する横山裕季さんにインタビュー
クライアントの「困った」に寄り添うエンジニアから転身、カスタマーソリューションとして要件実現に尽力する横山裕季さんにインタビュー

ポジション:カスタマーソリューション

Bespoke歴:2022年3月1日から

電力データの分析プラットフォームを手がける会社や、ニュースアプリを制作する会社など、これまでもスタートアップでエンジニアとしてのキャリアを積んだ横山裕季さん。できるだけ理想のシステムを設計するため、「どんなシステムが欲しいのか」の前に、「何に困っていて、どうできたら嬉しいか」という本質的なところからヒアリングし、システム開発をされてきたのだそうです。

まずはBespokeにジョインしたきっかけから教えてください。

高校時代の友人に「ちょっとおもしろい人がいるんだけど、話してみない?」といわれたのがきっかけです。その時、私はどこの会社にも所属しておらず、自分でサービスをやっていきたいと思ってたんですね。でも、なかなか形にはできなくて、生活のために業務委託の案件を探していました。そんな折、友人から代表の綱川さんを紹介されました。最初は業務委託で携わろうと思っていたものの、「もし正社員での就職も考えているなら、うちはどうですか?」と提案され、すぐに正社員の話に切り替わりました。

正社員としてジョインしようと思ったのはどんなところですか?

チャットボットって、おそらくITエンジニアの人たちはほとんど使わないと思うんですよ。ITリテラシーがある分、わからないことがあっても自分たちの検索能力で済ませてしまう。私にとってチャットボットは、存在は知ってはいても、そこまで身近な存在ではありませんでした。ところが綱川さんの話を聞いて、この会社が、子育て支援や引きこもり対策支援のような福祉領域に携わったり、観光系事業者や災害情報との連携など、社会に貢献していく事業をしていることを知り、自分の生活と全くと無関係というわけでもなさそうだ、と感じました。この会社は、ITに詳しくない方にもITを有効活用してもらって、より良い生活をしていくための手助けをしている会社なんだと思えた、というのがその理由です。

実際にBespokeで働いてみてどうですか?

入社後1週間くらいまでは本当に一瞬でした。1ヶ月半くらい経つと会社での動き方と製品の知識と、誰がなにをやっているのかがだんだんわかってきて、自分の守備範囲での動き方も見えてきたところです。会社の規模が小さくなればなるほど、個々のカバーする範囲が広かったり、責務の面ではっきりと境界がない分、柔軟に判断しなきゃいけないところがあったりしますよね。そこをとらえるまでにちょっと時間がかかったんですが、経験豊かな方が多いので、先輩方にしっかりサポートしてもらえたと感じていますね。

--

--

Bespoke Inc.

Bespoke Inc.

AI solutions for real-time customer engagement and measurement